忍者ブログ
私の食べ歩き記録。 ラーメンからグランメゾンまで(笑)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



箱根の森のフレンチ

実家に戻った際に、母と妹と、箱根の芦ノ湖湖畔にある、オーベルジュ オー・ミラドーに行きました。

ここは1986年に、日本で初めてのオーベルジュ(宿付きレストラン)として
オープンした老舗フレンチ。
勝又シェフのお料理が堪能できるというので、今でも根強い人気があります。



ランチの予約のため、湯本あたりを10時過ぎに通ったら、
時はチェックインを済ませた帰宅する温泉客の渋滞が反対車線に。
平日だったけど、確実に箱根にはお客さんが戻ってきてるなぁと嬉しくなりました。

こじんまりとしたおちついた雰囲気のお店は、クラシックな空気が漂っています。
なんだか、ヨーロッパの山の中に紛れ込んだかのような錯覚に陥ります。



待合室は、ホテルのロビーみたい。


さてお食事。
残念ながら窓側はとれなかったけど、窓が大きいのでとても明るいです。


ランチのコース、私たちは魚と肉が入ったコースを頂きました。
母いわく、とっても綺麗な料理なのよ~というのでわくわく。

パンがおいしい~バターが効いててうまーい。


前菜1.手前は豆アジ。地元で取れた地アジ。まるごとかぶりといけました。
後ろはクリームチーズのフライと、ホームメイドポテトチップス。


前菜2は、あおりイカのマリネとサラダ。彩りが美しいーー。


魚料理はアイナメでした。あっさりとした白身魚。


ソースとの彩りが美しい、、


肉料理は、牛のステーキ。割とフツーでしたが、添え野菜がおいしかった。


デザートは桃のババロア。山葡萄添え。


この山葡萄!天然ものだそう。
このレストラン、普通に「裏に生ってるぶどうを、、」とか言われるので
あぁ、、、はこね、、とか思っちゃうんです(笑)(ぷち地元(^-^;))


全て、シェフのおまかせコースで、プリフィックスではありませんでしたが、
どれもこれも、おいしかったです。
店内はやや古さを感じられるダイニングでしたが、それがまた異国情緒というか、
非日常的な感じで、リゾート気分を味わえてよかった。

ホテルに泊まってる方が身軽にふらっとランチに来られたりもして、
平日でしたが、満席でした。

味もサービスも雰囲気も、全て二重丸♪

アクセスは悪いけど、また行きたいな。

拍手

PR
About me
こんにちわ。Tomokoです。
本館HPのレストラン情報を
こちらにまとめています。
Category
Calender
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Archive
Search
analysis
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI